LED照明に合う家具の特徴

北欧家具は、森林や湖などの自然資源に恵まれた北ヨーロッパの天然木の特性を利用して作られています。デンマーク・スウェーデン・ノルウェー等の北ヨーロッパ産の天然木は、北欧特有の気候で木は固くしまっており、家具製造に非常に適した素材です。 長く厳しい冬を過ごす必要のある北欧の人々が、一年の大半を家の中で暮らすという、彼らのライフスタイルから、必然的に生まれたものといえます。長時間、家の中で快適に過ごすために、生活に馴染むよう装飾などをできるだけ抑え、飽きのこないシンプルなデザインと、機能的で長く愛用できるように設計された実用性が求められていたものが北欧家具です。 また、木製家具ならではの暖かみのある雰囲気も魅力の一つです。日本人の感性や和風インテリアにもなじみやすいということもあり、日本でも人気が高くなっています。そして、目にさわらないシンプルで落ち着いたデザインの中に備わった使い勝手の良さと、長く使い続けられるデザインに伴う耐久性の良さも人気の秘密です。 また、ナチュラルな素材感を前面に出した飾り気のない北欧家具は、シンプルかつ独特のカラーも魅力的です。伝統技術を受け継ぐ熟練の職人によって、一つ一つ時間をかけて手作りで生産される北欧家具は、さながらオーダーメイドのような丁寧な仕上がりになっています。日々快適に、長く使うことの配慮が、いたるところに施されており、既製家具との違いは使えば使うほど明らかです。そういった家具に合わせるなら、断然LED照明がいいのです。光量の調整もできたり、家具に合う色などもあり、断然おすすめです。 昔ながらの手工業の伝統とその技を駆使し、熟練の家具職人が丁寧に手作りする北欧家具は、値段的には決して安くありません。 最近では、エコロジーやスローライフブームも手伝って、人気がますます高まってきていますので、大手輸入家具店での取り扱いや専門店も続々と出てきています。そのおかげで、価格も年々落ち着いてきて、かつては高額だったものも、求めやすい価格になってきているのが現状です。 ●北欧家具とアメリカ家具の違い 材使いの違い・・・・圧倒的にアメリカの家具が横使い、北欧の家具は縦使いが多い。アメリカ家具の材の木目は揃っていませんが、北欧家具の縦使いの木目は揃っていてデザイン性が高くスマートな印象になります。 そして同じ個所の材を使うことにより、材の動きが同じになり、より正確な家具に仕上がります。 ●角と丸・・・・北欧家具は、アメリカ家具に比べると柔らかいラインが多いです。それは、北欧家具は曲線を多用しているからです。小口で使う材も曲線をもった無垢材を使う事が多く、アメリカ家具は、いわゆる「小口テープ」という真っ直ぐな材を貼り付けてあることがほとんどです。 ●脚の形状・・・・アメリカ家具の脚は、横ラインの貫が入れられています。一方の北欧家具は、一本の脚がそのまま本体に繋がっていて、貫が使われていません。 ●背板・・・・アメリカ家具のほとんどはMDF板を使用し、北欧家具にはシナベニアが使われているのがほとんどです。

これを機にご自分の性格やお部屋に合った家具やLED照明を揃えてみるのはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です